こだわりのポイント1:技術にこだわる。

安全・安心で健康な野菜づくりを目指して

イバラキ食品はこれまで、もやし製造とカット野菜(オーダーカット)にこだわって、お客様にご満足を頂く為に、あらゆるご要望にお答えすべき様々な技術・工夫の向上と、柔軟性を養いながら、スタッフ一同邁進してまいりました。

しかし、そこでもう一つのこだわりが浮かび上がりました。
それは、「安心・安全にこだわった野菜」をつくりたいと・・・

健全な畑づくりが、健康な野菜を育てる

そこで、イバラキ食品では、健康な土壌作りから取り組み、履歴のわかる、トレーサビリティーの明確な健康野菜を育てる事に取り組む事にいたしました。

それは、契約農場の畑の土作りから初めて、土を健全な土壌にする為に、「施肥料設計書」を、外部機関に作成と管理を委託し、窒素・リン酸・カリウム・その他ミネラルなどが、過不足にならないように、健全な畑にしてから「キャベツ」の栽培を始める事にいたしました(中島農法にそった土作りからスタートしました)

また、健全で健康な畑で栽培された「キャベツ」は、耐病・耐虫能力も高まり、最低限の農薬の使用で植物本来のミネラルバランスのとれた、アミノ酸・ミネラルたっぷりの、昔ながらの甘みのある、素材本来の味わいのある野菜になります。

安心・安全な健康な野菜を使用した、カット野菜を、ご提供できますように、取り組んでまいります。

イバラキ食品のオーダーカット野菜

こだわりの"もやし"づくり

イバラキ食品の取り組み:健康でトレーサビリティの明確な野菜を目指して